頭痛 吐き気 脱力感

頭痛 吐き気 脱力感、疾患について(頭痛・めまい・しびれ・脱力) 大分市の脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科

頭痛はよくある症状ですが、市販薬ですぐ改善するものから命にかかわるものまで、その原因は様々です。大切なことは命にかかわる危険な頭痛を見逃さないことです。危険な頭痛のサインがみられたら、脳卒中、脳腫瘍、髄膜炎などの可能性があります。すぐに医療機関を受診しましょう。繰り返し起こる頭痛で、はっきりとした原因や異常がみつからないものがあります。慢性頭痛には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」があります。こ。

「自律神経失調症」は一般でも広く使われていますが、曖昧に使用されることが多い診断名です。本来は、自律神経系という内臓を調整する神経系(交感神経系と副交感神経系の2つがあります)が体内でうまくコントロールされていないことによって引き起こされる、数々の症状を指します。例えば、動悸、発汗、めまい、ほてり、頭痛、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、ふるえ、筋肉痛、喉のつまり感、息切れ、食欲不振、全身倦怠感などの身体。

運動麻痺だけのこともあれば、感覚の異常だけのこともあります。また、両方が同時に起こることもあります。 しびれの原因は、脳や脊椎、末梢神経、内科的な病気などさまざまですが、当院では、しびれの原因が「脳から」であるかどうかを確認し、「脳からくるしびれ」に関する治療を行います。 頭痛を起こす病気は、たくさんあります。普通の頭痛だと思っていたのに、実は怖い病気が隠れていたということもあります。 。

小さな血栓により一時的にしゃべりにくくなったり、手足が動かなくなるが回復する。血圧がひどく高くなると、脳が腫れて頭痛、吐き気、嘔吐、しびれ、めまい、意識障害などが発生する。脳動脈にできたコブが破裂しないままの状態症状はないことが多いので脳ドックなどで発見されることが多い。。

年齢:19歳、マンチェスター・シティ/イングランド 症状:明らかにせず1月3日、マンチェスター・シティは声明の中で「エリック・ガルシアと1人のスタッフがCOVID-19の検査で陽性だったことを発表する。両者はプレミアリーグとイギリス政府の検疫に関するプロトコルに従って、隔離期間の間モニタリングされる。クラブの全員が同僚の早期の回復を祈っている」と2名の感染を公表した。「感染した直後は比較的落ち着い。

動悸(どうき)やめまい、頭痛や吐き気など、自律神経の乱れによる不調はさまざま。「どうしてこんな症状が? という不透明さに患者さんは悩んでいる」と、心療内科医の福永伴子院長。福永院長が薦める4つの自律神経ケアを心がけよう。 自律神経の乱れによる不調は、動悸やめまい、頭痛や吐き気、暑くもないのに汗が出るなど、多岐にわたる。「耳鼻科や頭痛外来を受診したけれど『特に異常はない。おそらくストレスが原因でしょ。

生理のときに起きる、頭、おなか、腰などの痛み……。これら、痛みを伴う症状以外にも、生理にまつわる不調があることを知っていますか? たとえば、吐き気、疲労、脱力感、イライラ、憂うつ、下痢…。これらも生理が原因になって起こっている症状かもしれません。このように、生理には痛みだけでなく、さまざまな症状が伴います。これらの不快症状のことを「月経随伴症状」と呼び、実は生理が引き起こしている症状です。つらい。

もし下記の様な症状が一つでも”突然に”生じたなら、直ちに救急病院、または脳神経外科や神経内科のある病院にかかってください。脳卒中は40代からがあぶない!小学館、植田敏浩、より引用脳卒中を疑ったら、躊躇せずに直ちに119番に電話して救急車を呼んで下さい。”脳卒中を起こしたら動かしてはいけない”というのは大きな間違いです。一刻も早く専門病院での治療が必要です。できる限り早く、正確な診断をして治療を開始。

急性におこった頭痛で、これまでに経験がないひどい頭痛、突発して短時間でピークに達するような頭痛、熱がある、手足の麻痺やしびれを伴うような場合には至急受診して正確な診断を受けるほうがよいでしょう。以前から同じような頭痛を繰り返している場合は慢性頭痛で生命の危険はないことが大部分です。片頭痛や緊張型頭痛が代表的です。片頭痛の特効薬や予防薬など最近はよい治療法もありますので、一度神経内科を受診されるとよ。

頭が痛い・重い、首筋や肩がこる、背中や胸が痛い、関節が痛い…うつ病の症状はさまざまで、こころだけではなく“からだの症状”があらわれることがあり、「からだの痛み」もうつ病にともなうことがあります。頭が痛い・重い、首筋がこるなどは、うつ病でなくてもあらわれますから、これらの症状がみられる場合は、医師に症状を詳しく話して、他の病気が隠れていないか確認する必要があります。しかし、症状が長く続いているのに検。

周囲の空間や自分の位置、方角などの情報は、眼、内耳(半規管・耳石)および手足の関節などによって感知されます。その情報が脳で統合され、それにより身体のバランス(平衡覚)を微妙にコントロールしています。こうした機能のどこかに不具合が起こると、めまいや平衡障害を生じます。 めまいを起こす病気には、耳鼻科領域の良性発作性頭位めまい症、メニエール病、突発性難聴、慢性中耳炎などがよく知られていますが、脳循環。

手足に力が入らない、指先がしびれる……。このような自覚症状が現れるギラン・バレー症候群は、ウイルスや細菌の感染がきっかけで発症する末梢神経の病気です。風邪や下痢の感染がきっかけになることが多く、典型的な症状は、手足の筋力低下や脱力感、しびれですが、自律神経に影響して血圧が乱高下したり、脈拍が速くなったり、遅くなったりすることもあります。これからの季節は風邪をひきやすく、最近は冬に食中毒も増えていま。

脳の血管異常で起こる病気を「脳卒中」と呼び、脳梗塞は、脳卒中の1タイプです。他には、血管が破れる「脳出血」、血管のコブが破裂する「くも膜下出血」などがあります。 脳梗塞は脳の血管が詰まって血流がストップしてしまう病気のことです。脳の血管が血栓によってつまり、血液粘度が高くなることによって生じるものです。脳の血管に血液が流れなくなることにより、脳組織が酸素・栄養。

脳神経内科ではどんな病気を診るの?脳神経内科では脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診ていきます。体を動かすことや感じたりすること、考えること、覚えることに支障をきたしている場合に、このような病気を疑います。どんな症状がでますか?脳や脊髄、神経、筋肉の病気では様々な症状があります。めまい、頭痛、しびれはよく起きる症状です。その他、力が入らない、ふらつき、歩きにくい、体がつっぱる、食べるときにむせる、しゃべ。

会社や学校へ行かないといけないのに、寝起きがだるいと辛いですよね。しっかりと寝たつもりでも、朝はなんだかすっきりしない…。寝起きがだるい要因として、睡眠不足やストレスなどわかりやすい原因から、うつ病や脳梗塞など重い病気が原因の場合までさまざま有ります。そこで今回は、考えられる寝起きのだるさの原因を追究し、解消へと導く方法をご紹介!寝起きがだるい原因をできるだけ的確に知ることで、毎朝スッキリ目覚めら。

 神経内科では、脳神経系(大脳・小脳・脳血管・末梢神経・筋肉)の病気を扱い、全身状態を診ます。具体的には、脳卒中・脳炎・てんかん・パーキンソン病・意識障害・運動麻痺・感覚麻痺などが対象となります。 神経内科と同様に脳神経系の病気を扱いますが、「外科」「内科」の違いです。病院によっては、神経内科のことを「脳神経内科」と呼ぶところもあるようです。くも膜下出血・脳動脈瘤・脳外傷など手術や処置を行うのが、。

めまいは体の平衡を調整するバランスが崩れた時に起こります。 人は自分の周囲の空間や位置を目・耳(平衡感覚を感知する三半規管や前庭は内耳にあります)・手足の皮膚や筋肉や関節などで感知し、その情報を脳に伝え、脳で統合し、微妙な体のバランスをコントロールしています。この仕組みのどこかの具合が悪くなると、バランスがとれなくなりめまいが起こります。 めまいにも様々なめまいがあり、回転性めまい(目がぐ。

MRIとCTについては遠隔画像診断による放射線科医師の読影結果を検査翌日(翌日が休みの場合は休み明け)午後にFAXにてお知らせいたします。結果画像は患者さんにCDにコピーさせてお渡ししますが所有権は貴院にありますのでよろしくお願いします。脳波についてはCDにて読み込み判読結果を添付させていただきます(脳波を紙で返却することはできません)。結果は一週間以内に郵送させていただきます(事情によりその場で。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり、狭まったりして血流が悪くなることで起きる疾患です。単に血管が詰まると一口に言っても主に2つのタイプに分かれます。 ひとつは、動脈硬化を起こして血管が狭くなり、やがて詰まっていく脳血栓症です。なお脳血栓症には、首や脳の比較的太い動脈で起きるアテローム血栓性脳梗塞、脳の細い血管が詰まることで起きるラクナ梗塞に分類されます。 もうひとつのタイプが。

手足のしびれ・力が入りにくい脱力・麻痺といった症状は、脳から手足までつながる脳・脊髄・末梢神経のどこかに起こった障害によって生じている可能性があります。さまざまな病気によって起こりますが、特に注意が必要なのは脳梗塞や脳出血といった脳血管障害によって起こっているケースです。当院では、長く研鑽を積んだ脳神経専門医がMRI検査などにより脳の血管や脊髄によるしびれ・脱力・麻痺の精密な診断と適切な治療を行っ。

立ち上がった瞬間に頭がフラフラする(立ちくらみ)、長時間立っていると目の前がスーッと暗くなる、血の気が引く(眼前暗黒感、失神感)などに加え、動悸、息切れ、嘔気・嘔吐、冷汗などの自律神経症状を伴うことも多く、ときには失神することもあります。多くは1〜2分で改善しますが、日常的な倦怠感、易疲労性、乗り物酔い、寝起きの悪さ、などを訴えることも多くあります。フワフワしたり、回転するようなめまいで、肩こりな。

「気持ちが落ち着かない」「どきどきして心細い」といった症状は、「不安」や「緊張」といわれるもので、誰でも感じる感情の一種です。 何か心配事や気がかりなことがある時、目上の人や初対面の人に会う時、試験の前などにこのような症状を感じることは正常な反応で、別に病気ではありません。原因となる心配事などがなくなれば、症状も自然に消えてしまいます。 問題は、そのような理由がないのに「落ち着か。

「頭が痛い」という症状は、多くの人が経験していますが、その原因は数多く、「頭痛」を大きく分けると脳腫瘍やくも膜下出血など頭蓋内の病変により起こる症候性頭痛と頭蓋内には病変のない機能性頭痛に分けられます。ほとんどの頭痛が機能性頭痛の片頭痛と筋緊張性頭痛です。体質として遺伝することが多く、20~50歳代の若年層、特に女性に多い。血管は常に収縮と拡張を繰り返しており、何らかの原因で、頭蓋内外の血管が拡張。

高い所では気圧が下がり空気がうすくなります。体がそのような環境に慣れることができず、「頭が痛い。」「眠れない。」といった特徴的な症状がみられるのが高山病です。ひどい場合には死に至ることもあります。高山病は、標高2,500mくらいから起こる可能性があります(富士山に登る人でも起きます)。海外のトレッキングコースには、標高4,000mを超えるものもあるので、経験が豊富な人でも十分な注意が必要です。 。

熱中症とは、暑い環境で生じる障害の総称で、次のような病型があります。スポーツで主に問題となるのは熱疲労と熱射病です。皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少しておこるもので、めまい、失神などがみられます。顔面そう白、呼吸回数の増加、唇のしびれなどもみられます。脈は速くて弱くなります。大量の汗をかき、水分の補給が追いつかないと脱水がおこり、熱疲労の原因となります。脱水による症状で、脱力感、倦怠。

頭がぼーっとする…ふわふわする…。その症状は「浮動性めまい」かもしれません。 ふわふわ感の原因と対処法を、お医者さんに聞きました。 病院に行く目安も解説します。 かつしかキュアクリニック 院長平成14年福井医科大学(現福井大学医学部)卒業 岐阜大学高齢科神経内科入局後松波総合病院にて内科研修、 岐阜大学高次救命救急センター出向。 美濃市立美濃病院内科。 東京。

疾患について(頭痛・めまい・しびれ・脱力) 大分市の脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科

頭痛はよくある症状ですが、市販薬ですぐ改善するものから命にかかわるものまで、その原因は様々です。大切なことは命にかかわる危険な頭痛を見逃さないことです。危険な頭痛のサインがみられたら、脳卒中、脳腫瘍、髄膜炎などの可能性があります。すぐに医療機関を受診しましょう。繰り返し起こる頭痛で、はっきりとした原因や異常がみつからないものがあります。慢性頭痛には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」があります。この3タイプの頭痛はそれぞれ特徴的な症状を持ち、的確に診断、治療すると症状が改善します。たかが頭痛ということで市販薬を飲み続けていると、いつしか薬がまったく効かなくなり、「薬物乱用頭痛」という治療が大変なものに変わってきます。このような頭痛で悩んでおられる方、一度医療機関を受診しましょう。めまいは、ぐるぐる回る「回転性めまい」、頭がふわふわする・体が宙に浮くような「浮動性めまい」があります。その原因……

自律神経失調症 (じりつしんけいしっちょうしょう) 社会福祉法人 恩賜財団

「自律神経失調症」は一般でも広く使われていますが、曖昧に使用されることが多い診断名です。本来は、自律神経系という内臓を調整する神経系(交感神経系と副交感神経系の2つがあります)が体内でうまくコントロールされていないことによって引き起こされる、数々の症状を指します。例えば、動悸、発汗、めまい、ほてり、頭痛、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、ふるえ、筋肉痛、喉のつまり感、息切れ、食欲不振、全身倦怠感などの身体症状(「不定愁訴」という別名もあります)について、特定の器質的疾患(検査により臓器や器官に異常が認められる病気)がない場合に自律神経失調症と診断されることがあります。症状の現れ方は人それぞれに異なり、同時に複数の症状が起こることも、時間経過とともに別の症状に置き換わることもあります。自律神経失調症に関連して、それぞれの臓器に起こる症状の現れ方によって別の病名がつくことがあります。頭痛の症状であれば……

脳神経外科でよくある症状 よくある症状 かわぐち脳神経クリニック 三重県鈴鹿市

運動麻痺だけのこともあれば、感覚の異常だけのこともあります。また、両方が同時に起こることもあります。 しびれの原因は、脳や脊椎、末梢神経、内科的な病気などさまざまですが、当院では、しびれの原因が「脳から」であるかどうかを確認し、「脳からくるしびれ」に関する治療を行います。 頭痛を起こす病気は、たくさんあります。普通の頭痛だと思っていたのに、実は怖い病気が隠れていたということもあります。 必ず一度は、頭痛専門医の診察を受けて、自分の頭痛の原因となる病気を診断してもらうことが大切です。当院では、日本頭痛学会の頭痛専門医が、片頭痛などの発作予防や治療を行う「頭痛外来」を行っています。 長引く頭痛・ひどい頭痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。 当院の医師は、日本認知症学会の認知症専門医です。 治療が必要なもの忘れかどうか、診察やMRIを使った画像診断などから適切に……

どのような症状ですか? –

小さな血栓により一時的にしゃべりにくくなったり、手足が動かなくなるが回復する。血圧がひどく高くなると、脳が腫れて頭痛、吐き気、嘔吐、しびれ、めまい、意識障害などが発生する。脳動脈にできたコブが破裂しないままの状態症状はないことが多いので脳ドックなどで発見されることが多い。……

新型コロナウイルスの初期症状とは?日本・世界の感染者が語る症例

年齢:19歳、マンチェスター・シティ/イングランド 症状:明らかにせず1月3日、マンチェスター・シティは声明の中で「エリック・ガルシアと1人のスタッフがCOVID-19の検査で陽性だったことを発表する。両者はプレミアリーグとイギリス政府の検疫に関するプロトコルに従って、隔離期間の間モニタリングされる。クラブの全員が同僚の早期の回復を祈っている」と2名の感染を公表した。「感染した直後は比較的落ち着いていた。むしろ何が起きるのだろうかと、好奇心もあったくらいだ。世界中に打撃を与えて悲惨をもたらしたヤツが、ついに俺のところにもやって来たんだってね。自宅で待機する中、『何が起きるか見てみよう』なんて言っていた」「それから頭痛がし、ものすごく強いものではないが不快なものだった。結構大変で、味覚も少々失った。外出できず、トレーニングもしっかりできない。家では常にイライラしていたよ。俺にとって、じっとし……

めまい、頭痛…心療内科医が教える自律神経不調のケア NIKKEI

動悸(どうき)やめまい、頭痛や吐き気など、自律神経の乱れによる不調はさまざま。「どうしてこんな症状が? という不透明さに患者さんは悩んでいる」と、心療内科医の福永伴子院長。福永院長が薦める4つの自律神経ケアを心がけよう。 自律神経の乱れによる不調は、動悸やめまい、頭痛や吐き気、暑くもないのに汗が出るなど、多岐にわたる。「耳鼻科や頭痛外来を受診したけれど『特に異常はない。おそらくストレスが原因でしょう』と言われた、と心療内科を受診する人が多い」。ベストセラー「ずぼらヨガ」(飛鳥新社)の監修を務めた、ともクリニック浜松町の福永伴子院長は言う。現代女性の自律神経症状の原因となるのは、職場の人間関係、家庭内での葛藤、将来への不安といった心のストレスや、過重労働による体のストレス。「最初のうちは、がんばらなくちゃ、と闘うけれど、やがてエネルギーが枯渇し、限界を迎えたときに心身のSOSサインとして症状……

[PR]頭痛、脱力感、イライラ…。実は生理が原因かも

生理のときに起きる、頭、おなか、腰などの痛み……。これら、痛みを伴う症状以外にも、生理にまつわる不調があることを知っていますか? たとえば、吐き気、疲労、脱力感、イライラ、憂うつ、下痢…。これらも生理が原因になって起こっている症状かもしれません。このように、生理には痛みだけでなく、さまざまな症状が伴います。これらの不快症状のことを「月経随伴症状」と呼び、実は生理が引き起こしている症状です。つらい生理痛と月経随伴症状を合わせて「月経困難症」といいます。生理痛とともに、月経随伴症状も、月経困難症の治療薬LEP(Low dose estrogen progestin)剤で改善することが期待できます。月経随伴症状のメカニズムとLEP剤の作用について、婦人科医の甲賀かをりさんに伺いました。  生理による不調は、腹痛、腰痛、頭痛などの「痛み」だけだと思っている人が多いのではないでしょうか。でも、生理……

脳卒中の警告サイン:すぐに救急車を!

もし下記の様な症状が一つでも”突然に”生じたなら、直ちに救急病院、または脳神経外科や神経内科のある病院にかかってください。脳卒中は40代からがあぶない!小学館、植田敏浩、より引用脳卒中を疑ったら、躊躇せずに直ちに119番に電話して救急車を呼んで下さい。”脳卒中を起こしたら動かしてはいけない”というのは大きな間違いです。一刻も早く専門病院での治療が必要です。できる限り早く、正確な診断をして治療を開始するほど、良い治療結果が期待できます。 意識を失って風呂場やトイレで倒れた場合には、注意深く居間に運んで、呼吸がしやすい楽な姿勢で横にして、救急車の到着を待ってください。また、嘔吐があった場合には、吐物で窒息することのないように気をつけてください。 特に脳梗塞の場合には、発症してから数時間以内に治療を開始すれば、症状を早期に回復させ、後遺症を最小……

よくある症状 社会福祉法人恩賜財団

急性におこった頭痛で、これまでに経験がないひどい頭痛、突発して短時間でピークに達するような頭痛、熱がある、手足の麻痺やしびれを伴うような場合には至急受診して正確な診断を受けるほうがよいでしょう。以前から同じような頭痛を繰り返している場合は慢性頭痛で生命の危険はないことが大部分です。片頭痛や緊張型頭痛が代表的です。片頭痛の特効薬や予防薬など最近はよい治療法もありますので、一度神経内科を受診されるとよいでしょう。慢性頭痛でも、頭痛が経過と伴に悪化してくるような場合には脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などの可能性もあります。慢性頭痛症を正確に診断できる医師はまだ少ないのが現状です。頭痛でお悩みで、現在の診察や治療に満足できない場合には頭痛を専門的に取り扱っている神経内科を受診してみて下さい。当科は、独自に作成した「頭痛問診表」を利用して、患者さんの頭痛の特徴をしっかり把握し、頭痛診療に役立てています。慢性……

からだの症状 うつ病とはどんな病気?

頭が痛い・重い、首筋や肩がこる、背中や胸が痛い、関節が痛い…うつ病の症状はさまざまで、こころだけではなく“からだの症状”があらわれることがあり、「からだの痛み」もうつ病にともなうことがあります。頭が痛い・重い、首筋がこるなどは、うつ病でなくてもあらわれますから、これらの症状がみられる場合は、医師に症状を詳しく話して、他の病気が隠れていないか確認する必要があります。しかし、症状が長く続いているのに検査をしても異常がなく、抑うつ気分や興味または喜びの喪失などの“こころの症状”とともに、からだの重さや痛みがあらわれている場合は、うつ病にともなう「からだの痛み」である可能性も考えられます。うつ病にともなう「からだの痛み」が実際にあらわれる部位や程度はさまざまですが、うつ病患者さんではうつ病がない健康な人よりも頭の内部の痛みが多く、痛みの程度も強かったという報告もあります。……

頭痛・めまい・しびれなどの症状があればCT検査

周囲の空間や自分の位置、方角などの情報は、眼、内耳(半規管・耳石)および手足の関節などによって感知されます。その情報が脳で統合され、それにより身体のバランス(平衡覚)を微妙にコントロールしています。こうした機能のどこかに不具合が起こると、めまいや平衡障害を生じます。 めまいを起こす病気には、耳鼻科領域の良性発作性頭位めまい症、メニエール病、突発性難聴、慢性中耳炎などがよく知られていますが、脳循環障害や脳腫瘍など、脳神経科領域の疾患も見受けられ、脳神経科領域の疾患であった場合には速やかな治療が必要になります。脳の血管の急な拡張によって起こると考えられており、「ズキンズキン」と脈打つような痛みが特徴です。痛みは数時間~3日間ほど続き、吐き気を伴う場合もよくあります。原因として疲労やストレスがあり、20~40代の女性に多いことから女性ホルモンも関係するとされています。症状が起こった際の対処法は……

風邪や下痢に注意!「ギラン・バレー症候群」 健康・医療トピックス オムロン

手足に力が入らない、指先がしびれる……。このような自覚症状が現れるギラン・バレー症候群は、ウイルスや細菌の感染がきっかけで発症する末梢神経の病気です。風邪や下痢の感染がきっかけになることが多く、典型的な症状は、手足の筋力低下や脱力感、しびれですが、自律神経に影響して血圧が乱高下したり、脈拍が速くなったり、遅くなったりすることもあります。これからの季節は風邪をひきやすく、最近は冬に食中毒も増えています。予防対策も含めて知っておきたい病気です。ギラン・バレー症候群は、外敵から身を守ってくれる免疫の働きが、末梢神経を攻撃してしまう自己免疫疾患です。ギラン・バレー症候群に詳しい杏林大学医学部第一内科・神経内科の千葉厚郎教授は、「発症者は人口10万人当たり1~2人ですが、10歳ごとに区切った集団の中で発症率を見ると、10歳上がるごとに1割ずつ増えています。自己免疫疾患というと若い人に多いというイメー……

日本人が気をつけるべき病気 DYMインターナショナルクリニック

脳の血管異常で起こる病気を「脳卒中」と呼び、脳梗塞は、脳卒中の1タイプです。他には、血管が破れる「脳出血」、血管のコブが破裂する「くも膜下出血」などがあります。 脳梗塞は脳の血管が詰まって血流がストップしてしまう病気のことです。脳の血管が血栓によってつまり、血液粘度が高くなることによって生じるものです。脳の血管に血液が流れなくなることにより、脳組織が酸素・栄養不足により壊死or壊死に近い状態になってしまいます。 初期症状 発症の危機が迫ると、顔面神経麻痺、言語障害、感覚障害などの症状が現れます。 ・顔や手足が麻痺し、片側しか動かせなくなる ・ろれつが回らなくなり、うまく喋れない ・口が閉まらずヨダレを垂らしてしまう ・めまいや立ちくらみが起こる ・目の焦点が合……

脳神経内科 診療科案内 公平病院

脳神経内科ではどんな病気を診るの?脳神経内科では脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診ていきます。体を動かすことや感じたりすること、考えること、覚えることに支障をきたしている場合に、このような病気を疑います。どんな症状がでますか?脳や脊髄、神経、筋肉の病気では様々な症状があります。めまい、頭痛、しびれはよく起きる症状です。その他、力が入らない、ふらつき、歩きにくい、体がつっぱる、食べるときにむせる、しゃべりにくい、目の焦点が合わない、勝手に手足や体が動く、もの忘れする、意識がぼーっとするなど多岐にわたります。ご自身で症状や経過がよくわからない場合には、内科にて相談のうえ、脳神経内科へご紹介いたします。認知症とは、いったん発達した知的機能が低下して社会生活や職業生活に支障をきたす病気です。もの忘れが多くなった、今までは問題なかった日常生活の動作がしづらくなったなど、認知症かもしれない?と心配になると……

寝起きがだるいのは病気のサイン?吐き気や脱力感の原因を徹底調査!

会社や学校へ行かないといけないのに、寝起きがだるいと辛いですよね。しっかりと寝たつもりでも、朝はなんだかすっきりしない…。寝起きがだるい要因として、睡眠不足やストレスなどわかりやすい原因から、うつ病や脳梗塞など重い病気が原因の場合までさまざま有ります。そこで今回は、考えられる寝起きのだるさの原因を追究し、解消へと導く方法をご紹介!寝起きがだるい原因をできるだけ的確に知ることで、毎朝スッキリ目覚められるように改善していきましょう。寝起きがだるい原因はさまざまですが、ここでは可能性が比較的高い事例をご紹介していきます。自分に当てはまるものがないか確認していきましょう。寝不足の状態だと脳や身体が十分に休むことができず、起きているときに溜まった疲れが取れないまま残ってしまいます。また自律神経にも支障をきたすので、寝起きもだるく感じてしまう場合が多いでしょう。睡眠不足が原因で寝起きがだるい場合は、以……

神経内科外来 専門外来

 神経内科では、脳神経系(大脳・小脳・脳血管・末梢神経・筋肉)の病気を扱い、全身状態を診ます。具体的には、脳卒中・脳炎・てんかん・パーキンソン病・意識障害・運動麻痺・感覚麻痺などが対象となります。 神経内科と同様に脳神経系の病気を扱いますが、「外科」「内科」の違いです。病院によっては、神経内科のことを「脳神経内科」と呼ぶところもあるようです。くも膜下出血・脳動脈瘤・脳外傷など手術や処置を行うのが、脳神経外科となります。神経内科では、これらを診断し必要があれば脳神経外科を紹介します。また脳よりも末梢側の神経の病気は、神経内科の領域となります。ですが頭痛・脳梗塞の診断や治療などは、両科で扱うことが多い病気です。 心の病気を扱う診療科です。うつ病・不安神経症・不眠症・ストレスなどによるノイローゼなどを扱います。MRやCTなどの検査を行っても、脳や神経に直接的な異常が無い場合が多いです。逆に神経内……

めまい せんげん台大貫耳鼻咽喉科 越谷市

めまいは体の平衡を調整するバランスが崩れた時に起こります。 人は自分の周囲の空間や位置を目・耳(平衡感覚を感知する三半規管や前庭は内耳にあります)・手足の皮膚や筋肉や関節などで感知し、その情報を脳に伝え、脳で統合し、微妙な体のバランスをコントロールしています。この仕組みのどこかの具合が悪くなると、バランスがとれなくなりめまいが起こります。 めまいにも様々なめまいがあり、回転性めまい(目がぐるぐる回る感覚)浮動性めまい(ふわふわするような感覚)、血の気がひくような感覚や脱力感をめまいと感じる方もいるようです。 めまいで受診したいが、何科を受診すれば良いのかわからない方も多くいらっしゃるかと思いますが、重要なことは命に関わる原因のめまいを早急に診断し、早期に治療をすることです。 めまい、吐き気以外に、意識障害、激しい頭痛、手足のしびれ、手足の動かしづらさ……

脳神経内科 めまい・頭痛・しびれ・脳梗塞・脳血栓・脳出血・脳腫瘍・くも膜下出血・認知症・けいれん・睡眠障害でお悩みなら 広島市

MRIとCTについては遠隔画像診断による放射線科医師の読影結果を検査翌日(翌日が休みの場合は休み明け)午後にFAXにてお知らせいたします。結果画像は患者さんにCDにコピーさせてお渡ししますが所有権は貴院にありますのでよろしくお願いします。脳波についてはCDにて読み込み判読結果を添付させていただきます(脳波を紙で返却することはできません)。結果は一週間以内に郵送させていただきます(事情によりその場での返却も可能です)。 超音波検査についてはCDにて主要画像の読み込みと判読結果を添付させていただきます。当日にお返しできます(当院からは超音波画像はプリントアウトしません)。……

手足のしびれや脱力 枚方市樟葉の つじ脳神経外科クリニック 楠葉 脳内出血 脳梗塞 脳腫瘍

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり、狭まったりして血流が悪くなることで起きる疾患です。単に血管が詰まると一口に言っても主に2つのタイプに分かれます。 ひとつは、動脈硬化を起こして血管が狭くなり、やがて詰まっていく脳血栓症です。なお脳血栓症には、首や脳の比較的太い動脈で起きるアテローム血栓性脳梗塞、脳の細い血管が詰まることで起きるラクナ梗塞に分類されます。 もうひとつのタイプが、心臓などでできた血のかたまり(血栓)が流れてきて脳の血管を塞いでしまう脳塞栓症です。この場合、大きな脳梗塞を引き起こしてしまう可能性が高くなります。 そのほかにも、一時的に脳の血管は詰まったが、すぐに血流が再開するという、脳梗塞の前触れとして起きる一過性脳虚血発作もあります。 症状としては、いずれのタイプも同様で、舌が麻痺して呂律がまわらない、体の片側の手足が麻痺する、し……

半身のしびれや脱力・麻痺を伴うしびれの検査・治療なら、脳と神経のクリニック橋本のめまい外来へ

手足のしびれ・力が入りにくい脱力・麻痺といった症状は、脳から手足までつながる脳・脊髄・末梢神経のどこかに起こった障害によって生じている可能性があります。さまざまな病気によって起こりますが、特に注意が必要なのは脳梗塞や脳出血といった脳血管障害によって起こっているケースです。当院では、長く研鑽を積んだ脳神経専門医がMRI検査などにより脳の血管や脊髄によるしびれ・脱力・麻痺の精密な診断と適切な治療を行っています。手足がしびれる、力が入りにくいといった症状がある場合には、お気軽にご相談ください。頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎後縦靭帯骨化症、末梢神経障害、胸郭出口症候群、脊髄腫瘍などの可能性があります。腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、末梢神経障害などの可能性があります。体の片側のしびれ・脱力・麻痺に、頭痛、めまい、吐き気・嘔吐などをともなうことがあります。体の片側のしびれ・脱力・麻痺に、頭痛、め……

非前庭系 めまいの症状と病気 めまい ドクター's コラム

立ち上がった瞬間に頭がフラフラする(立ちくらみ)、長時間立っていると目の前がスーッと暗くなる、血の気が引く(眼前暗黒感、失神感)などに加え、動悸、息切れ、嘔気・嘔吐、冷汗などの自律神経症状を伴うことも多く、ときには失神することもあります。多くは1〜2分で改善しますが、日常的な倦怠感、易疲労性、乗り物酔い、寝起きの悪さ、などを訴えることも多くあります。フワフワしたり、回転するようなめまいで、肩こりなどを伴うフワフワしためまい(「雲の上を歩くような」)や、回転性のめまい、気が遠くなる感じがすることもあります。とくに、眼を閉じるとめまい感が強まることも多くあります。聞こえの症状はありません。頭痛、後頭部から首の付け根にかけての強い肩こり・痛みを伴います。浮動感やふらつき、気が遠くなるめまいと同時に、動悸、発汗、呼吸困難感、吐き気を伴うめまい心因性めまいで最も多く見られるのが、パニック障害、過換気……

不安・緊張 ~気持ちが落ち着かない・どきどきしてこころ細い~ こんな症状ありませんか?

「気持ちが落ち着かない」「どきどきして心細い」といった症状は、「不安」や「緊張」といわれるもので、誰でも感じる感情の一種です。 何か心配事や気がかりなことがある時、目上の人や初対面の人に会う時、試験の前などにこのような症状を感じることは正常な反応で、別に病気ではありません。原因となる心配事などがなくなれば、症状も自然に消えてしまいます。 問題は、そのような理由がないのに「落ち着かない」「どきどきして心細い」などの症状が起こる場合です。 この場合は「病的な不安」である可能性が考えられます。 「病的な不安」は「正常な不安」と違って、理由がないのに生じる、あってもそれと不釣り合いに強い、原因がなくなってもいつまでも続く、などの特徴があります。「正常な不安」が危険に備え、問題解決へ向かって行動を起こす原動力になるといった、人間にとって必要な側……

11.片頭痛 薬事情報センター 一般社団法人

「頭が痛い」という症状は、多くの人が経験していますが、その原因は数多く、「頭痛」を大きく分けると脳腫瘍やくも膜下出血など頭蓋内の病変により起こる症候性頭痛と頭蓋内には病変のない機能性頭痛に分けられます。ほとんどの頭痛が機能性頭痛の片頭痛と筋緊張性頭痛です。体質として遺伝することが多く、20~50歳代の若年層、特に女性に多い。血管は常に収縮と拡張を繰り返しており、何らかの原因で、頭蓋内外の血管が拡張したときに、血管の周囲にある知覚神経が刺激され、急に頭の片側もしくは両側に激しい拍動性(ズキンズキンと脈拍に一致する)の痛みを感じ、吐き気や嘔吐を伴ったりします。発生の仕組みについてはいくつかの説がありますが、いずれにしても血管の収縮を起こすセロトニンが関与していると言われます。 片頭痛が始まる前には、予兆症状として、痛みの起こる2~3時間前にあくび、イライラ、眠気、むくみ、空腹感などが感じられ、……

FORTH お役立ち情報 ここに注意!海外渡航にあたって

高い所では気圧が下がり空気がうすくなります。体がそのような環境に慣れることができず、「頭が痛い。」「眠れない。」といった特徴的な症状がみられるのが高山病です。ひどい場合には死に至ることもあります。高山病は、標高2,500mくらいから起こる可能性があります(富士山に登る人でも起きます)。海外のトレッキングコースには、標高4,000mを超えるものもあるので、経験が豊富な人でも十分な注意が必要です。 また、高山病は登山に伴うものばかりではありません。チベットや南米では、標高3000~4000mの高地にある都市(チベットのラサ = 3,810 m、ペルーのクスコ = 3,326 m、ボリビアのラパス = 3,660 m)へ、飛行機で直接行くことがあります。このような場合、突然の変化に体が慣れにくいため、高山病になる可能性が高くなってしまいます。高地で、「頭痛」に加えて、以下の1から4までの症状の……

【vol.14】 熱中症の種類と対策

熱中症とは、暑い環境で生じる障害の総称で、次のような病型があります。スポーツで主に問題となるのは熱疲労と熱射病です。皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少しておこるもので、めまい、失神などがみられます。顔面そう白、呼吸回数の増加、唇のしびれなどもみられます。脈は速くて弱くなります。大量の汗をかき、水分の補給が追いつかないと脱水がおこり、熱疲労の原因となります。脱水による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられます。大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんがおこります。暑熱環境下で長時間の運動をして大量の汗をかく時におこるもので、最近ではトライアスロンなどで報告されています。体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)が特徴で、頭痛、吐き気、めまいなど……

頭がふわふわ・ぼーっとする「浮動性めまい」の対処法。病院は何科?

頭がぼーっとする…ふわふわする…。その症状は「浮動性めまい」かもしれません。 ふわふわ感の原因と対処法を、お医者さんに聞きました。 病院に行く目安も解説します。 かつしかキュアクリニック 院長平成14年福井医科大学(現福井大学医学部)卒業 岐阜大学高齢科神経内科入局後松波総合病院にて内科研修、 岐阜大学高次救命救急センター出向。 美濃市立美濃病院内科。 東京さくら病院及び同認知症疾患センター勤務の後 令和元年7月かつしかキュアクリニック開業。できるだけ光を遮断できる涼しい場所で、自分が最も楽な体勢で安静にしてください。浮動性のめまいはの症状として現れていることが多いです。過度のストレス等により、自律神経のバランスが崩れると、筋肉の緊張を招き、血管が細くなって血液の流れを妨げます。 すると、血中の栄養分や酸素が身体の隅々まで届けられない状態になります……

平均ユーザー評価

4.5 / 5

カテゴリ